2024年1月28日 東京 11R 根岸S

2024年1月27日(土)2024年1月28日(日)の平均配当表

流しタイプの人気レース

上のデータは今週の特別戦の条件一覧と2018年からの日刊コンピ指数能力順位のエリア別的中率一覧ですが、平均以上の数値には色がついています。
人気期待値のエリアでは「1-2」「6-7」の列が色がついていて、あとは色無しか空白になっています。

ここで注目したいのが「1-2」「6-7」が平均以上に高く馬連均や複均が低いということは、そこそこ堅いレースなんじゃないかということです。

的中数が多い最低指数台は「単50台」「連50台」「複50台」となっていますので、積極的に狙ってみたい指数は、
単勝を狙うなら「指数70台」
連勝を狙うなら「指数70台」
三連を狙うなら「指数70台」
あたりが期待値が高いでしょう。
「指数70台」は強いですから、相手は指数順位「10」までが狙い目です。
もしかしたら「指数70台」から指数順位「10」までへ流しやボックスで馬連やワイド、三連複で狙うと当たるかもしれないですね。

あなたはどう思いますか?

今年はこのパターンを狙っていきたいと考えています。

では、パターン表を見ていきましょう。

年ごと分析

1年ごとに配当が良いです。
今年は良い順番でしょうか?

馬番分析

15番から外枠は全く来ていません。
やや内枠優勢でしょうか。

指数分析

70台以上の信頼度は高そうです。
40台はいらないレベルで来ていません。

馬体重分析

439キロ以下は全く来ていません。

馬体重増減分析

20キロ以上増えると全く来ていません。
10キロ以上減ると全く来ていません。

パターン表分析

パターン表から推測すると、
合儲けパターンエリアは「条件名」の列を見ると、今回はありません。

得意パターンエリアは「条件」の列を見ると、「1」「2」が活躍しています。
人気馬の期待値が高そうです。

反対に、
来ていないパターンエリアは「レース間隔17以上の馬」が全く来ていません。
ケンシンコウやシャマルに当てはまります。

単複で狙うと吸い取られる、
ヤバいパターンエリアは「指数40台の馬」はほとんど来ていませんので避けたい銘柄ですね。
大穴馬はヤバそうです。

調教師のコース相性と暫定順位の比較ではタガノビューティーやヘリオス、アルファマムあたりはバランスが良さそうです。

ざっくり順位(暫定位+Tコ位+前R点位+自点位)

※データは憶測値で正確ではない可能性があります。主催者発表のものと照合してください。

競走名条件暫定位馬名Tコ位前R点位自点位暫定位+Tコ位+前R点位+自点位
根岸SGⅢ2タガノビューティー1317
根岸SGⅢ12ヘリオス13218
根岸SGⅢ5アルファマム66825
根岸SGⅢ3エンペラーワケア361426
根岸SGⅢ6フルム611326
根岸SGⅢ6シャマル241527
根岸SGⅢ3アームズレイン1151029
根岸SGⅢ1サンライズフレイム891230
根岸SGⅢ7アイオライト810732
根岸SGⅢ8パライバトルマリン611833
根岸SGⅢ16ボイラーハウス86434
根岸SGⅢ14ピアシック86634
根岸SGⅢ8オマツリオトコ521934
根岸SGⅢ10ベルダーイメル1011536
根岸SGⅢ14ジャスパーゴールド861139
根岸SGⅢ13エクロジャイト181739
根岸SGⅢ17ライラボンド76939
根岸SGⅢ11ケンシンコウ971340
根岸SGⅢ18オセアダイナスティ451643

コース成績

※データは憶測値で正確ではない可能性があります。主催者発表のものと照合してください。

競走名条件暫定位馬名騎手調教コース数単率連率複率板率
根岸SGⅢ3アームズレイン松若風馬
根岸SGⅢ7アイオライト団野大成
根岸SGⅢ5アルファマム菅原明良425252550
根岸SGⅢ13エクロジャイト未定1000
根岸SGⅢ3エンペラーワケア川田将雅
根岸SGⅢ18オセアダイナスティ未定1000
根岸SGⅢ8オマツリオトコ石川倭
根岸SGⅢ11ケンシンコウ田辺裕信1000
根岸SGⅢ1サンライズフレイム藤岡康太
根岸SGⅢ14ジャスパーゴールド未定300033
根岸SGⅢシャマル川須栄彦
根岸SGⅢ2タガノビューティー石橋脩6336783100
根岸SGⅢ8パライバトルマリン戸崎圭太
根岸SGⅢ14ピアシック未定
根岸SGⅢ6フルム水口優也4252575100
根岸SGⅢ12ヘリオス武豊850636375
根岸SGⅢ10ベルダーイメル未定1000
根岸SGⅢ16ボイラーハウス未定1000100
根岸SGⅢ17ライラボンド小林勝太2000

ふわっと結論

基本は日刊コンピ指数能力順位「1-10」のボックス投資です。

その時に、このレースが苦手な騎手だとか「レース間隔17以上の馬」、「指数40台の馬」などを積極的に削ります。

狙いは能力順位「1-10」のボックスですが、「指数70台」から1頭選び流す作戦も良いです。

気になるサンライズフレイム
ざっくり順位ベスト3はバランスの良さげなタガノビューティーやヘリオス、アルファマム
もしかしたら1番強いかもしれないタガノビューティー
あっさりもありうるエンペラーワケア
出遅れ厳禁ヘリオス

個人的にはサンライズフレイムが強いと思います。
この馬の魅力は現在4連勝中とノッテいるということです。前走は1頭だけ違う末脚であっという間に差し切りました。だんだん強くなっている雰囲気ですので今回は大チャンスと見ています。

相手は「前走はすごく頑張ったけど惜しくも2着。この競馬場は相性良いからいけると思ったんだけどなー。このレースはここ2年連続惜しい感じだし今年はいただきますよ!」とやっぱり東京は得意やったかー!になりそうなタガノビューティーや、
「ここ2走ぶっちぎりの人気でぶっちぎり勝ちしてますねだって?まあね、今回の相手は手ごわそうだけど正直負ける気しないよ」と大物感漂うエンペラーワケア、
「ダートってさ、後ろから行くと砂がスゴイのよ。息できないもん。だからいつも前に行くんだけど、前走は若干出遅れちゃって走る気なくなっちゃった。今回はスタートが上手な兄ちゃんみたいだから楽しみにしといて」とスタート決まれば粘りがすごいヘリオスは展開次第で配当圏内。

レース傾向からは、
人気馬の期待値が高いので、人気馬から中穴馬や大穴馬への流し投資がおすすめですね。

あなたはどう思いますか?
この記事が面白かった。参考になった。
その馬は来ないだろ。
この馬の方が強そうだ。
という方はドシドシご意見をコメント欄でお待ちしています。
最後までご覧いただきありがとうございました。

※当サイトはギャンブルを助長するものではございません。
エンターテインメントとしてお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました