2024年1月7日 中山 11R フェアリーS

2024年1月6日(土)2024年1月7日(日)2024年1月8日(月)の平均配当表

ボックスタイプの荒れレース

上のデータは今週の特別戦の条件一覧と2018年からの日刊コンピ指数能力順位のエリア別的中率一覧ですが、平均以上の数値には色がついています。
人気期待値のエリアでは「6-10」の列が色がついていて、あとは色無しか空白になっています。

ここで注目したいのが「6-10」が平均以上に高く馬連均や複均が高いということは、よく穴馬サイドで決着するレースなんじゃないかということです。

的中数が多い最低指数台は「単50台」「連50台」「複50台」となっていますので、積極的に狙ってみたい指数は、
単勝を狙うなら「指数80台」
連勝を狙うなら「指数80台」
三連を狙うなら「指数50台」
あたりが期待値が高いでしょう。
指数順位「6-10」は強いですから、相手は指数順位「10」までが狙い目です。
もしかしたら指数順位「6-10」から指数順位「10」までへ流しやボックスで馬連やワイド、三連複で狙うと当たるかもしれないですね。

あなたはどう思いますか?

今年はこのパターンを狙っていきたいと考えています。

では、パターン表を見ていきましょう。

年ごと分析

ちょくちょく荒れていて、昨年は大荒れとなっていますね。

馬番分析

16番から外枠は全く来ていません。1番は強いです。

指数分析

80台は異常に弱いですね。40台もいらないレベルで来ていません。

馬体重分析

500キロ以上が全く来ていません。

馬体重増減分析

10キロ以上増えると全く来ていません。
20キロ以上減ると全く来ていません。

パターン表分析

パターン表から推測すると、
合儲けパターンエリアは「条件名」の列を見ると、今回はありません。

得意パターンエリアは「条件」の列を見ると、「6」「7」が活躍しています。
「オカルト馬番1」はかなりアツそうですよ。

反対に、
来ていないパターンエリアは「いろいろな11以上の馬」が全く来ていません。
大穴馬は厳しそうです。

単複で狙うと吸い取られる、
ヤバいパターンエリアは「指数40台の馬」はほとんど来ていませんので避けたい銘柄ですね。
大穴馬はヤバそうです。

調教師のコース相性と暫定順位の比較ではキャプテンネキやマスクオールウィン、キャットファイトあたりはバランスが良さそうです。

ざっくり順位(暫定位+Tコ位+前R点位+自点位)

※データは憶測値で正確ではない可能性があります。主催者発表のものと照合してください。

競走名条件暫定位馬名Tコ位前R点位自点位暫定位+Tコ位+前R点位+自点位
フェアリーSGⅢ牝2キャプテンネキ31410
フェアリーSGⅢ牝2マスクオールウィン65114
フェアリーSGⅢ牝1キャットファイト45515
フェアリーSGⅢ牝9テリオスサラ53320
フェアリーSGⅢ牝5ニシノティアモ18620
フェアリーSGⅢ牝6イフェイオン62721
フェアリーSGⅢ牝4スティールブルー74722
フェアリーSGⅢ牝7カレンナオトメ106225
フェアリーSGⅢ牝10メジャーデビュー66426
フェアリーSGⅢ牝15ティンク63529
フェアリーSGⅢ牝15ルクスノア16830
フェアリーSGⅢ牝13ラヴスコール241231
フェアリーSGⅢ牝11メイショウヨゾラ561032
フェアリーSGⅢ牝14エリカリーシャン241232
フェアリーSGⅢ牝8ジークルーネ771133
フェアリーSGⅢ牝17ラーンザロープス93534
フェアリーSGⅢ牝12カイトグート86935
フェアリーSGⅢ牝18ニシノコイゴコロ116439

コース成績

※データは憶測値で正確ではない可能性があります。主催者発表のものと照合してください。

競走名条件暫定位馬名騎手調教コース数単率連率複率板率
フェアリーSGⅢ牝6イフェイオン未定
フェアリーSGⅢ牝14エリカリーシャン横山和生
フェアリーSGⅢ牝12カイトグート未定
フェアリーSGⅢ牝7カレンナオトメ菅原明良20050100
フェアリーSGⅢ牝1キャットファイト坂井瑠星1100100100100
フェアリーSGⅢ牝2キャプテンネキピーヒュ
フェアリーSGⅢ牝8ジークルーネ未定
フェアリーSGⅢ牝4スティールブルーC.ルメール
フェアリーSGⅢ牝15ティンク佐々木大輔
フェアリーSGⅢ牝9テリオスサラ石橋脩
フェアリーSGⅢ牝18ニシノコイゴコロ未定1000
フェアリーSGⅢ牝5ニシノティアモ田辺裕信
フェアリーSGⅢ牝2マスクオールウィン津村明秀
フェアリーSGⅢ牝11メイショウヨゾラ三浦皇成
フェアリーSGⅢ牝10メジャーデビュー丹内祐次
フェアリーSGⅢ牝17ラーンザロープス未定1000100
フェアリーSGⅢ牝13ラヴスコール横山武史
フェアリーSGⅢ牝15ルクスノア未定

ふわっと結論

基本は日刊コンピ指数能力順位「1-10」のボックス投資です。

その時に、このレースが苦手な騎手だとか「いろいろな11以上の馬」、「指数40台の馬」などを積極的に削ります。

狙いは能力順位「1-10」のボックスですが、「指数50台」から1頭選び流す作戦も良いです。

気になるマスクオールウィン
ざっくり順位ベスト3はバランスの良さげなキャプテンネキやマスクオールウィン、キャットファイト
もしかしたら1番強いかもしれないジークルーネ
前走は相手が強かったテリオスサラ
力は互角以上ニシノティアモ

個人的にはマスクオールウィンが強いと思います。
この馬の魅力はオープンクラスでも常に上位の着順だということです。この馬の前走は1勝クラスでしたが圧倒的人気で楽勝しました。その前はオープンクラスで2着3着と崩れていません。勢いづいていますので今回は大チャンスと見ています。

相手は「前走は女の子同士の新馬戦だったんだけど正直楽勝だったわ。今回は前回より強そうな子がいるけどまとめて面倒見てあげるわよ!」とあっさりメジャーになるかもしれないジークルーネや、
「前走はもしかしたら楽勝かもしれないと思っていたんだけど、阪神ジュベナイルフィリーズで2着になるような子がいて負けちゃった。結構いい勝負だったから今回はいただいちゃうわよ~」とステレンボッシュといい勝負をしていたテリオスサラ、
「前々走はフルゲート18頭の17番だったのよ!いきなりなんだって顔しないでよ。それだけキツかったってこと。それでも2着だったんだから。そして前走はごらんの通り楽勝でした。当然の結果よね。」とまだ底が見えないニシノティアモは展開次第で配当圏内。

レース傾向からは、
中穴馬の期待値が高いので、人気馬から中穴馬や中穴馬のボックス投資がおすすめですね。

あなたはどう思いますか?
この記事が面白かった。参考になった。
その馬は来ないだろ。
この馬の方が強そうだ。
という方はドシドシご意見をコメント欄でお待ちしています。
最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました