2023年12月9日 中京 11R 中日新聞杯

Uncategorized

2023年12月9日(土)から2023年12月10日(日)の平均配当表

ボックスタイプの荒れレース

上のデータは今週の特別戦の条件一覧と2018年からの日刊コンピ指数能力順位のエリア別的中率一覧ですが、平均以上の数値には色がついています。
人気期待値のエリアでは「3-5」「8-10」「14-18」の列が色がついていて、あとは色無しか空白になっています。

ここで注目したいのが「3-5」「8-10」「14-18」が平均以上に高く馬連均や複均が高いということは、穴馬サイドと人気サイドで決着するレースなんじゃないかということです。

的中数が多い最低指数台は「単60台」「連60台」「複60台」となっていますので、積極的に狙ってみたい指数は、
単勝を狙うなら「指数60台」
連勝を狙うなら「指数80台」
三連を狙うなら「指数80台」
あたりが期待値が高いでしょう。
「指数80台」は強いですから、相手は指数順位「18」までが狙い目です。
もしかしたら「指数80台」から指数順位「18」までへ流しやボックスで馬連やワイド、三連複で狙うと当たるかもしれないですね。

あなたはどう思いますか?

今年はこのパターンを狙っていきたいと考えています。

では、パターン表を見ていきましょう。

年ごと分析

やや!3年ごとに堅そうです。今年は堅いかも。

馬番分析

17番から外枠は全く来ていません。

指数分析

60台が平均より頑張っている雰囲気です。
80台は出てきたら押さえます。

馬体重分析

439キロ以下は全く来ていません。

馬体重増減分析

10キロ以上減ると全く来ていません。
10キロ以上増えてもなんとなくヤバそうです。

パターン表分析

パターン表から推測すると、
合儲けパターンエリアは「条件名」の列を見ると、今回はありません。

得意パターンエリアは「条件」の列を見ると、「9」が活躍しています。
「オカルト馬番9」や「前走逃げてた馬」は人気次第で狙いたいですね。

反対に、
来ていないパターンエリアは「レース間隔13-16週の馬」が全く来ていません。
マイネルファンロンやサトノエルドールはこれに該当します。

単複で狙うと吸い取られる、
ヤバいパターンエリアは「調教師のコース相性2位以内の馬」はほとんど来ていませんので避けたい銘柄ですね。
ヤマニンサルバムやユーキャンスマイルといったそこそこの人気馬ですがはたして。

調教師のコース相性と暫定順位の比較ではヤマニンサルバムやカレンルシェルブル、カントルあたりはバランスが良さそうです。

ざっくり順位(暫定位+Tコ位+前R点位+自点位)

※データは憶測値で正確ではない可能性があります。主催者発表のものと照合してください。

競走名条件暫定位馬名Tコ位前R点位自点位暫定位+Tコ位+前R点位+自点位
中日新聞杯GⅢH3ヤマニンサルバム13411
中日新聞杯GⅢH1カレンルシェルブル56416
中日新聞杯GⅢH6カントル36318
中日新聞杯GⅢH7ユーキャンスマイル211121
中日新聞杯GⅢH4リューベック461125
中日新聞杯GⅢH9ハヤヤッコ104225
中日新聞杯GⅢH2ホウオウビスケッツ811425
中日新聞杯GⅢH6マイネルファンロン95626
中日新聞杯GⅢH6スパイダーゴールド1121029
中日新聞杯GⅢH10ユニコーンライオン86731
中日新聞杯GⅢH10サトノエルドール108533
中日新聞杯GⅢH8シュヴァリエローズ610933
中日新聞杯GⅢH12ワンダフルタウン1321239
中日新聞杯GⅢH5ピンハイ12101340
中日新聞杯GⅢH8ジャンカズマ1411841
中日新聞杯GⅢH15キラーアビリティ771241
中日新聞杯GⅢH13ドルチェモア691442

コース成績

※データは憶測値で正確ではない可能性があります。主催者発表のものと照合してください。

競走名条件暫定位馬名騎手調教コース数単率連率複率板率
中日新聞杯GⅢH1カレンルシェルブル斎藤新4255075100
中日新聞杯GⅢHカントルHドイル250505050
中日新聞杯GⅢH15キラーアビリティムルザバエフ1100100100100
中日新聞杯GⅢH10サトノエルドール荻野極
中日新聞杯GⅢH8ジャンカズマ小沢大仁
中日新聞杯GⅢH8シュヴァリエローズ佐々木大輔250100100100
中日新聞杯GⅢH6スパイダーゴールド鮫島克駿
中日新聞杯GⅢH13ドルチェモア団野大成
中日新聞杯GⅢH9ハヤヤッコ幸英明2000100
中日新聞杯GⅢH5ピンハイ高倉稜
中日新聞杯GⅢH2ホウオウビスケッツ丸田恭介
中日新聞杯GⅢHマイネルファンロン丸山元気2000
中日新聞杯GⅢH3ヤマニンサルバム三浦皇成367676767
中日新聞杯GⅢH7ユーキャンスマイルモリス
中日新聞杯GⅢH10ユニコーンライオン国分優作1100100100100
中日新聞杯GⅢH4リューベック吉田隼人1100100100100
中日新聞杯GⅢH12ワンダフルタウン和田竜二2000

ふわっと結論

基本は日刊コンピ指数能力順位「1-18」のボックス投資です。

その時に、このレースが苦手な騎手だとか「レース間隔13-16週の馬」、「調教師のコース相性2位以内の馬」などを積極的に削ります。

狙いは能力順位「1-18」のボックスですが、「指数80台」から1頭選び流す作戦も良いです。

気になるキラーアビリティ
ざっくり順位ベスト3はバランスの良さげなヤマニンサルバムやカレンルシェルブル、カントル
もしかしたら1番強いかもしれないカレンルシェルブル
あっさり勝つかもしれないドルチェモア
良い流れから得意コースへヤマニンサルバム

個人的にはキラーアビリティが強いと思います。
この馬の魅力はGⅠ馬であり昨年のこのレースの勝ち馬ということです。前走はマイル初挑戦でボロ負け、前々走は初の不良馬場で5着、その前はGⅠ大阪杯で13着でした。今回は得意の条件に戻りますので大チャンスと見ています。

相手は「前走は惜しかった!最後の位置取りの差が出た感じ。今回のコースは得意だし勝っちゃうぞー!」とそろそろ勝っちゃいそうなカレンルシェルブルや、
「俺って一応GⅠ馬じゃん?だからみんなの期待に応えようと強い連中と戦い続けてきたわけ。なりふり構わず二桁着順が続いても、短距離にだって挑戦したさ。でもさ、やっぱりずっと走ってたいから変なプライドは捨てるよ。今回はランクも落として距離も延長して心機一転頑張るからみんな応援してくれよな!」とプライドを捨てた素質馬は怖いドルチェモア、
「最近は逃げられなかったんだけど、前走はバッチリ逃げれてスカッと勝ちました。今回は連勝したときのコースに戻って連チャンしようと思ってるからチャンネルはそのままね!」と勢いそのまま連勝しかねないヤマニンサルバムは展開次第で配当圏内。

レース傾向からは、
中穴馬の期待値が高いので、大穴馬から中穴馬や中穴馬のボックス投資がおすすめですね。

あなたはどう思いますか?
この記事が面白かった。参考になった。
その馬は来ないだろ。
この馬の方が強そうだ。
という方はドシドシご意見をコメント欄でお待ちしています。
最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント